更新日2015/08/26 この記事は約 3 分で読めます。

「相続税の計算て自分で計算する」と思っているあなたに計算方法を教えます。

胸算用

課税される金額をはじき出す

「相続税の計算て、素人じゃ出来ないじゃないかしら?」

そんなことはありません。
計算式が決まっているので、できることは出来ます。
ただし、計算はできても、その他のこと(控除など)が素人では太刀打ちが難しくなります。

でもちょっと、挑戦してみませんか?

相続税の計算において、まず最初にやることは被相続人の財産の総額を知ることです。

総額の内訳は?

金銭

預金口座に入っているお金、定期預金なども含めて金銭の合計金額を出します。

証券関係

株式などを持っていれば計算に入れます。

不動産

この不動産が相続では大きなポジションを占めます。

マイナスの財産

財産はプラスだけじゃありません。
マイナスの財産も把握しておく必要があります。

そして被相続人の葬式費用なども財産から引くことができます。
これが正味の財産額です。

上記の合計金額から基礎控除額を引きます。

基礎控除額は3000万円と、600万円に法定相続人の数をかけて合計した金額です。
これで課税される金額がでます。

各相続人が相続した財産額と計算方法

次に各相続人の法定相続分の財産額を出します。
まず法定相続人ですが、誰が被相続人の相続対象となるか?を調べなくてはなりません。

まず配偶者は、常に相続人となります。

そしてこの法定相続人には順位があります。

第一順位⇒直系卑属

子供と孫
子供のことです。
もし子供がいなければ孫でも大丈夫です。
夫婦の事情で養子でも相続人になることができます。

第二順位⇒直系尊属

つまり親です。
これも親がいない場合は祖父母でも良いです。

第三順位⇒兄弟姉妹

この順位によって法定相続分の割合が変わってきます。配偶者と第一順位の子供は法定相続分割のそれぞれ2分の1です。第二順位の親は3分の1です。
第三順位の兄弟姉妹は4分の1の用に分割割合が決まっています。
この分割によって各相続人の取得金額がわかります。
ここで相続税率がでてきます。
この相続税率は取得金額の下は1000万円以下から上は3億円超までに各税率が分けられており、
最低で10%で最高は50%までと決められています。
各相続人は自分の当てはまる税率をかけます。
もし取得金額が1000万円超あるなら控除額が認められます。控除額は最低で50万円、最高で4700万円までが適応されます。

各相続人が使える税額控除とは?

一番大きいのは配偶者に対する税額控除です

このおかげで、配偶者はほぼ相続税を払うことがないともいえます。

相続人が障害者なら、1年につき10万円の控除ができます。

ただし、85歳未満という条件があります。

相続人が未成年者の場合も控除の対象に

満20歳になるまで、1年につき6万円の控除が認められます。

税額控除は権利なので、自己申告をしてしっかり控除してもらいましょう。

注意すべきポイントは、「相続財産の把握」と「税額控除」

チェック

順番としては、

財産の総額を把握

その金額を分割

相続税率を使い、相続税を出す

というステップを踏みます。
このような流れで相続税の金額を出していきます。

税額控除を確実に利用して、税金を収めるようにしなくてはいけません。
結構、財産の見落としがあったり、贈与などがあると金額も変わってきます。
この部分は、素直に専門家に相談した方が良いです。

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

「相続税の計算て自分で計算する」と思っているあなたに計算方法を教えます。へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。