更新日2016/02/10 この記事は約 3 分で読めます。

税務調査とその実態とは?申告漏れが無いように相続税対策

どうしよう!

平成27年度の相続税制の大改正で、都心では、相続税を納める人が増えました。

「そんな相続税を納めるほどの財産ではないのに・・。」
だいたいの評価格を出した結果、相続税を納めなくてはならなくなったあなた。
「少しでもいいから、なんとか逃れられないか?」と思うのが人情というものです。

でも、逃れたとしても、その後税務署からのお伺い、つまり「税務調査」が繰るのではないかと、ドキドキしますね。

では、その税務調査、いったいどんなものなのでしょうか?

税務調査のトリビア

  • 税務調査は、相続税申告全体の約30%で実施
  • 調査が行われた中の約8割で「申告漏れ」を指摘
  • 申告漏れ相続財産の内訳は、土地が2割、株が2割、現金が4割
  • 申告漏れによる追徴課税の平均額は、約700万円
  • 一般的な税務調査(臨宅調査)は1~2日間が標準

どのようなスケジュールか?

10:00から始まり、お昼頃に1時間昼食休憩を挟んで、また午後から調査を再開し、16:00ころ終ります。

税務署はどこから相続の情報を仕入れてくるの?

そういえば
死亡届を受けた市町村長は、翌月末までに市町村の所轄税務署長に通知することになっています。
その通知書を受理した税務署長が、死亡届該当者の住所を所轄する税務署長に知らせるから、税務署は相続が発生したことを知っているのです。

申告漏れすると、どうなるの?

調査で申告漏れを指摘されると、本来納めるべき税金にプラス最高で40%ものペナルティ(追徴課税)が発生します。
ちゃんと最初から申告しておけば、払わなくてもよかった余分な税金です。

申告漏れを指摘されることが多いもの

「名義さえ、お父さんのものでなければ大丈夫」
いえいえ、そうとは限りません。
たとえば、結婚以来ずっと専業主婦だった奥さんの名義の貯金が5000万円あったらどうでしょう?
誰がどう考えても不自然です。

税務署は、下に挙げた内容も調査の対象にします。

  1. 亡くなる直前に引き出したお金
  2. 昔、奥さんや子供の口座に移動させたお金
  3. 名義は違うけど、実質的に亡くなった人の財産であったもの
  4. 生前、奥さんと財布が1つで名義は違うけど実際はどちらの預金か分からなくなっている場合の奥さんの貯金

もちろん、なんでも馬鹿正直に申告すればいいわけではありません。
でも、そのさじ加減は素人ではわからないもの。
そこはプロの税理士さんに依頼するのもひとつの手です。

どうしたらいいのか?

被相続人(残された奥さん、子供)の過去約5年分の通帳の入出金を見て、相続財産として計上すべきものは計上します。
計上しなくてもよいお金の入出金についても、最初から税務署に対して内容を提示して、税務調査で指摘を受けないようにします。

たとえば、奥さん固有の財産(結婚する前にためていたお金など)については、相続財産として計上する必要はありません。
根拠となる資料があればOKです。
そのことを税務署に対して提示するのです。

なるほど

申告書に添付する資料や、税務署への説明書の添付をいかに工夫するか?
相続につよい税理士事務所に相談することが得策です。

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

税務調査とその実態とは?申告漏れが無いように相続税対策へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。