更新日2016/02/10 この記事は約 3 分で読めます。

遺言のポイントは、脱「不公平感」特別受益・寄与分を考慮しすべての財産を列挙する

かくぞ
年間に約110万人が死亡するが、
遺言(公正証書遺言)の作成件数は、年間約8万件にすぎない。

この数字を見ると、「遺言」がない相続がほとんどという事がわかります。
ということは、残された者がどの遺産を誰がどう相続するか?の話し合い=「遺産分割協議」をする必要があるのです。
お父さんが亡くなって、お母さんが相続しても、ゆくゆくは子供同士の話し合いになるケースが多いのです。

自分が40代以降であれば、財産の承継方法を子供の立場からも考えておくのがベターです。

子供同士の話し合いは、結構他人=配偶者が首を突っ込んでくることで揉めるケースがあります。
そんなときに、水戸黄門の紋所ではありませんが、泣く子も黙る「遺言」があると「お父さんがそう思っていたんだったら・・」と鞘を収められるツールになることもあります。

遺言の注意点

てがみ

1.すべての財産を列挙する

不動産は、所在地をきちんと書きます。
「○○の土地」ではなく、第三者が見てもわかるないようにすることが大事です。

2.遺留分は最大限考える

相続には、子供や奥さんなど最低限もらえる分け前=「遺留分」が民法で決められています。
「遺留分」すら貰えない遺言だと、「減殺請求」といって自分のもらえるはずの分をよこせ!という話になってしまいます。
自分の気持ちひとつだけでなく、遺された人たちの落としどころをつけられる内容にしてください。

3.特別受益・寄与分を考慮する

あまりどちらも聞きなれない言葉です。

特別受益とは、生前もらったもの。

たとえば、

●結婚のための持参金・支度金
●大学より上の教育のための資金
●買ってもらったマンション・宅地

などです。
でも、もらった側は忘れがちです。

寄与分とは

●親の仕事を手伝ったり、お金を出したりした
●介護をした

などです。

ただし、あまり細かいことを持ち出すと揉める原因になりますので、注意が必要です。

4.「付言事項」ははじめに書く

「誰に何を分けるか?」
どんな気持ちでお父さんがそれを決めたのか?がわかる一文があるだけでも、受け取る側の気持ちが違います。
また、裁判の「主文後回し」ではありませんが、誰に何を分けるという内容を最初に書かずに、まずお父さんの思いを伝えることで避けられる揉め事もあるのです。

たとえば、最初に三人兄弟で長男だけ80%あげるなんて遺言だったら、次男三男はどう思うでしょうか?
その一文の後で、真っ当な理由が書き加えられていても、不公平な結論から押し付けられていたら頭がカッカしていて受け入れ難い気持ちになると思いませんか?

あくまでも遺される側の立場になって、口では照れくさくてかった気持ちも添えてください。
そうすれば、気持ちをわかってもらえるはずです。

でも「遺言」には、法的効力はありません

裁判
よく勘違いするのは、法的効力と思い込んでいることです。
もちろん話し合いが決裂すれば、裁判になりますが、遺言は絶対ではないのです。
相続人が話し合って、意見が一致すれば遺言どおりでなくてもいいのです。
「死人に口なし」とはまさにこのこと。

生きているうちに、遺志を伝えておくための手段として、遺言はとても大事なのです。

兄弟仲よくと思うのが親心でしょう。
そのための大事な最後の手紙が「遺言」です。

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

遺言のポイントは、脱「不公平感」特別受益・寄与分を考慮しすべての財産を列挙するへコメントをする

※メールアドレスは公開されません。