更新日2017/06/30 この記事は約 3 分で読めます。

【実録】顔面蒼白!音信不通の親が死んで借金の肩代わりを迫られた!どうすればいい?

倒れる

「親の借金のカタに」なんて、時代劇に出てきそうですが、今の時代もない話ではないのです。

ただし、法律上はそんなことないのですが、強面のお兄さんにその手のことを言われたら、そうだと思いますよね。
本当に知らないと損するのが、法律の世界です。

もしもそんな事を言われたとしても慌てないために、予備知識をつけておくことは大事です。

状況

●小学生のころ離婚
●母親一人 子供一人
●子供は、結婚して子供がいる
●父親とは全然会ってない

起きた事

死亡

1.父親が亡くなったので「借金の支払いをしてほしい」と金融業の○○商事から電話があった

そもそも、長い間音信不通の離婚したお父さんなので、どこで何をしているかすら知らないのですから、
死んだなんて話も伝わってきません。
金融業から電話がかかってきたのもびっくりですが、死んだことがそこから聞かされるのもびっくりです。
法定相続人である娘が払わなくてはならないというのです。

2.母親は相続放棄する!という

そうそう、相続放棄って方法がある!とお母さんは気がつきました。
ところが・・。

3.新しい奥さんとその子供は、さっさと相続放棄していた

○○商事の人から話を聞いたら、「亡くなって4ヶ月経っているから、相続放棄はできません、代襲(だいしゅう)相続といって、実子が払うことになります。」

そんなことを聞いたら、知らないと慌てちゃいます。

そもそも、知らない言葉が出てくるだけで、慌てますよね。
でも、この場合、○○商事の言っていることは違います。
その話を娘は帰ってダンナに話しました。

旦那さんが「確か・・・違う気がする」とネットで調べてくれました。
亡くなって4ヶ月経っていますが、「相続の発生を知った時から3ヶ月」が「熟慮期間」。
なんだか普段使わない言い回しなので、死んだのを知ってから3ヶ月の間に相続放棄するかしないか決められる」という意味とイコールなのか・・?!
でも、それだけでは自信がないので、裏を取るために「市の無料法律相談」が確かあったはず・・と母親が気がつき、市役所に電話したら、ありました!
早速一番近い日にちに予約をしました。

4.弁護士と相談。

早速赴いた相談で、やはり、裏が取れました。
その内容とは・・

相続をどうするかを考える時間は、死亡を知ってから3ヶ月

三ヶ月
弁護士さんに聞いたら「熟慮期間3ヶ月」とのこと。
ということは、相続の発生を知った時、つまり、「亡くなったのを知っから3ヶ月」です。
亡くなった日から起算するのではありません。
「知った日」から起算するのです。

知っていないことが仇(あだ)になる。

オレオレ詐欺もそうですが、慌てると判断を誤ります。
「借金払え」といってくる金融業は、完全に確信犯です。

知っていることでこちらも「武装」できるのです。
学校が終わったら勉強は終わりではありません。
人生が深まった段階で、また新たな世界を知るための勉強をすると思えば、それほどつらくないのでは?

自分がソンしないためには、知識武装が大事です。

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

【実録】顔面蒼白!音信不通の親が死んで借金の肩代わりを迫られた!どうすればいい?へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。