更新日2016/02/10 この記事は約 3 分で読めます。

相続税の「名義預金」をとられない税務調査官対策とは?!

親心

待望の第一子が生まれ、これから先のことを考えて、生後三ヶ月で作った貯金通帳。

お父さんが息子が生まれた時からコツコツためていた預金が
月2万円が1年で24万、10年で240万、30年で720万円になっている。
22歳で就職したときに、渡そうと思ったけど、働く意欲がそがれてもまずいし、まさに山之内一豊の妻ではありませんが
「何かあった時のために・・」と用意している親御さんは、多いのでは?

子供のことを案じない親など、いません。
どの家庭にも、多かれ少なかれ「善意の隠し財産」があると思います。

もうお父さん的には「自分の資産」という感覚はありません。
でも、「贈与」は「あげる」だけでは成立しません。
お父さんの「あげる」に、息子の「確かに頂戴しました、ありがとうございます」というお互いの合意があって成立します。
「贈与されていないもの」は、お父さんの「財産」という扱いになります。

税務調査は、このような「名義預金」も見逃してくれません。
「これはお父さんの財産でしょう?」と指摘されることは実は多いのです。

例えば、亡くなったお父さんの机を整理していると、名義が自分(息子)の通帳が出てきたら?
その残高はなんと、1000万円!

「その通帳は娘の教育資金に充てさせてもらおう」
他の通帳と別にして、自分がもらうことにしました。

実際はどんな感じ?税務調査官が来たときの一部始終

思ったより怖くない
税務調査官がやってきました。
みんなカチカチに緊張して出迎える一方、調査官たちはにこやかに接します。
迎えた側は、気が緩みます。

まず、「お父さまってどういう人だったんですか?」雑談から入り、気の緩んだ相続人から情報収集をします。
相続人は、「看病の労苦を労われているのか?」と勘違いするような穏やかな物腰で、入院していた病院や期間を聞き出します。

調査官は、そのような話からお金の出入りのあたりをつけます。
「どんな趣味があったんですか?」と聞かれれば、「ゴルフです」と思わず答えてしまう相続人。
調査官は「ゴルフの会員権があるはず」などと推測します。

本題に入って「お父さまは、ご家族のために車や宝石を買ってあげたのでは?」
すると、相続人は「いえいえ、父は本当に堅実で何ももらえてません」と切り返します。

お昼をまたいで、午後一番に調査官が切り出します。
「少し調べさせてもらったのですが、息子さん名義の口座がありますが、なぜ財産目録にのっていないのでしょうか?」
例の1000万円の通帳です。

名義通帳

あなたならどう切り返しますか?

OKな例

贈与は口約束でも成立するので「私は父にその口座の話を聞いたとき、もらうといいました。」
認められれば、贈与されたものとされます。

NGな例

「それはもらったものです!」
「何ももらえてませんって言ってましたよね?」

こうやって切り込まれます。

銀行

税務署は、銀行の口座を調べてから調査に挑みます

税務署はすべての銀行預金を把握している訳ではありませんが、
申告書に記載された銀行にある預金で家族名義のものは、通常「調査済み」で現場に挑みます。

「お父さまの通帳は、どこに保管されていましたか?ご家族のものも含めて、今ある通帳類を全て出して下さい」と言われて
「ありません」とか「知りません」は禁句です。
調査官はだてにキャリアを積んできていません。
協力的な態度をとるのが望ましい戦略です。
スムースな会話やりとりは、調査官がいろいろなパターンを考える時間を与えません。

そのためには、準備が大事です。

へんな言い方ですが、税務調査に必要以上にドキドキする必要はありません。

正当な理由、たとえば「これは10年前、私(配偶者)の父の相続の時、私がもらったものです」とか、
「結婚前に仕事をしていた時の貯金です」ですなど、ひるまず答えることが大事です。
ただし、贈与にも一定額(年間110万円)以上になると課税されます。
さらにさかのぼると、平成13年以前は年間60万円だったので注意が必要です。

下記サイトを参考にしました。

相続税調査での質問事項とその狙い

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

相続税の「名義預金」をとられない税務調査官対策とは?!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。