更新日2016/02/10 この記事は約 3 分で読めます。

相続トラブル実例:相続で土地の共有は絶対にやってはいけません!

相続の際、「相続しやすいもの」と「相続しにくいもの」があります。

「相続しやすいもの」の代表は、現金。

なぜか?
分けやすいからです。

「相続しにくいもの」の代表は、土地です。

なぜか?
分けずらいからです。

分けずらいので、ついつい「じゃあ、共有で」という話になったという話を聞いたことがありませんか?

土地を「共有」した後の、恐ろしい顛末

ある大地主さんの話です。
大地主さんの相続は、すべてを妻と子供(3人兄弟)の共有にしました。
その後、妻が亡くなり、子供たちが相続、つまり「二次相続」が発生します。

物理的にみんなで分けると土地が小さくなるので、「それなら名義を共有にしよう」という話になりました。
アパート

ただ「共有名義にして土地を遊ばせておくのはもったいない!」ということで、アパートを建てようという話になりました。
しかし「そんなもの建てたって、回収に10年かかるぞ」という弟もいます。
そんなこんなしている間に長男が亡くなり、3人の子供に所有権が移りました。

20年が経ち、権利者も7人まで増えました。

何がいけなかったのか?⇒「共有」がいけなかった

どうして?

「共有」は「問題の先送り」以外の何者でもないのです。

アパートを建てるか建てないか?についても20年も揉めていて、まだ決着がついていません。
はっきりいって、もめている間に回収できた事例です。

誰かが亡くなれば、所有権が子供に移ります。
しまいには、連絡が取れない人が出てくるケースもあります。
誰にも手がつけられない、煮ても焼いてもどうにもならない土地になってしまうのです。

ではどうしたらいいの?解決策3つ

★いずれの場合も、「共有名義人全員の同意」が得られなければ実行できません。

1.共有者の1人が現金で持ち分を買い取る

現金を持っている共有者のうちの一人が、土地を買い取る方法です。

2.土地を分割して1人1人の名義に分ける

一人ひとりの持分が小さくなることを承知で、分ける方法です。

3.不動産を売却して現金を共有者で分ける

不動産を売って、現金を分けるという方法です。
ただし、思った金額で売れなかったり、売り手がつかなかったりというリスクもあります。

どうでしょう?
どのみち、相続当時と同じ方法でしか解決ができないのです。
時間がたっても同じ解決方法しかないのです。

問題の先送りだということがお分かりになるでしょう。

先送りしただけでなく、権利者が増えていたら問題は複雑化する一方です。
ですので、相続時に決着をつけておかなくてはならないのです。

誰しも面倒くさいこと、争いごとは避けて通りたいものです。
でも、そのために次の世代にその面倒くさいことを渡すのはいったいどうなでしょうか?
せっかくの土地(財産)がお荷物になりかねない「共有」は、絶対に避けなくてはなりません。
相続のプロが一番よくないという相続が「共有」なのです。

負の遺産を子供たち、孫たちに引き継がないために、英断が必要なのです。

ここは、子供や孫のために一肌抜いてください。
わかったぞ

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

相続トラブル実例:相続で土地の共有は絶対にやってはいけません!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。