更新日2017/06/30 この記事は約 3 分で読めます。

遺言書の必要性、確実性!遺言書を残さないとこんなトラブルが!

遺言

遺産相続で一番効力が強いのが遺言書。

亡くなった方の最後のメッセージです。

大した財産がないからと、遺言書を残さない方も多いですが、残された相続人にとっては、トラブルの元です。

出来れば元気なうちに遺言書を書いておくことが、誰にとってもいいことに違いはありません。

遺言書がないと起こる悲劇

遺産分割協議

亡くなった人が遺言書を作っていなかった場合は、遺産分割をするために、法定相続人で話し合う「遺産分割協議」を行うのが通常の流れです。

家庭裁判所で調停

遺産分割協議で上手く話しがまとまらなかった場合は、家庭裁判所で遺産分割の調停を申し立てて、裁判所が関わる中で話し合うことになります。

家庭裁判所で審判

調停でも決まらない場合は、家庭裁判所で審判となります。

裁判官が法定相続分を基準として、妥当とする分割方法を決定します。

相続税

高等裁判所

それでも決まらない、納得できないとなると、高等裁判所で不服申し立てを行います。

もう、ここまでくると泥沼の争いですね。

訴訟

遺産分割の前提となる相続財産の範囲について争いがある場合は、遺産分割の調停、審判とはまた別にして、訴訟を起こすという最終手段があります。

ここまでこじらせるのは、遺言書があれば防げることであります。

財産の処分

遺産分割が終了するまでの間には、相続財産を相続人全員が共有することになります。

相続人だからと言って、一人単独で相続財産を処分することなど出来ません。

もちろん、株式や不動産を勝手に売ることも出来ません。

預金も死亡と同時に口座が凍結されるので、相続人全員の同意書がない限り、勝手に払い戻しは出来ません。

とにかく、相続人全員の同意がなければ、遺産をどうこうすることは出来ないのです。

ですから、行方不明の相続人がいたり、遺産分割に反対する人がいると、残された家族は葬式代も作れないことがあるのです。

相続税

相続税の申告

相続税の申告と納付期間は、相続が発生することを知った日の翌日から、10ヵ月以内になります。

無申告加算や延滞税を避けるためには、遺産分割が終わっていなくても、納税する必要があります。

遺産分割が終わっていないと10ヵ月以内に遺産を処理して、相続税を支払うことも難しくなります。

遺産分割で起こる現実

遺言書がなければ、財産を渡したいと思っていた者に、財産を行き渡らないことにもなりかねません。

配偶者に全ての財産を残すつもりだったのに、他に相続の権利がある場合は、例え、ほとんど付き合いのなかった人や、あまり良い関係になかった人たちにも、遺産相続は発生しますので、亡くなった人の想いは通じないことがあります。

まとめ

自分が亡くなったことで、子どもや兄弟姉妹がトラブルになるのは、出来れば避けたいことですよね。

そういったトラブルを防ぐためにも、いかに遺言書が大事なものか分かったことと思います。

遺言書は故人の想いがつまった手紙だと思って下さい。

そして、遺言書は人生最後の使命です。

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

遺言書の必要性、確実性!遺言書を残さないとこんなトラブルが!へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。