更新日2015/07/31 この記事は約 3 分で読めます。

【思ったよりカンタン】相続放棄には、どんな書類がいるの?

書類

相続の際「どうやらマイナスの遺産が多い」
もしくは「遺産を巡って骨肉の争いに巻き込まれたくない」場合

「相続の放棄」ができます。

その場合、どんな書類を揃えたらいいのでしょうか?

下記の書類を「家庭裁判所」に提出します。
必要な書類は、家庭裁判所によって違うケースもあるので、事前に確認しましょう。

提出する書類一覧

書き込む書類

相続放棄の申述書(しんじゅつしょ)

書類

書き方の見本のPDFがあるので、一目見てください。
分かりやすく説明されています。

実際の書式は、下記のURLにあります。

書式記載例(申述人が20歳以上の場合)
書式記載例(申述人が20歳未満の場合)

一緒に出す書類

下記書類は、どんな場合でも必須です。

●亡くなった人(被相続人)の住民票の除票(戸籍附票)
●放棄する人(申述人)の戸籍謄本
上の二つの書類とは別に、自分の立場によって必要な戸籍謄本等があります

自分が配偶者・子供の場合

配偶者・子

  • 亡くなった人(被相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本

自分が孫の場合

孫

  • 亡くなった人(被相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本
  • 本来の相続人である親(被代襲者)の死亡の記載のある戸籍謄本

自分が親/祖父母の場合

祖父母

  • 亡くなった人の出生時から死亡時までの全ての戸籍(除籍)謄本
  • 相続人に子供(孫)がいて、亡くなった人より先に死亡た場合、子供(孫)の出生から死亡までの全ての戸籍(除籍)謄本
  • 相続人が祖父母の場合は、亡くなった人の親(祖父母の子供)の死亡記載のある戸籍(除籍)謄本

自分が兄弟姉妹、またはその代襲者(おいめい)の場合

兄弟

  • 亡くなった人の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍)謄本
  • 亡くなった人の子(及びその代襲者)で死亡している人がいる場合、その子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍(除籍)謄本
  • 被相続人の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本
  • 申述人が代襲相続人(おい,めい)の場合、被代襲者(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍)謄本

書類提出について

「相続放棄申述書」の提出は、家庭裁判所まで赴かなくてはいけないのでしょうか?

いいえ、違います。
原則では、直接家庭裁判所に行かなくても「郵送」で提出可能です。

提出後の流れ

1週間ほどで家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」という書類が郵送されてきます。

この「照会書」には、いくつか質問事項があります。
それに答えて返信すると、問題なければ「相続放棄申述受理通知書」が家庭裁判所から郵送されてきます。
これによって「相続放棄」が認められたことになるのです。

もしも、債権者から債務の返済を迫られた場合、この「相続放棄申述受理通知書(コピーでも可)」を見せれば、それ以降、債務の負担を迫られることはありません。
水戸黄門の紋所のようなものですね。

「面倒くさい」と思ったあなたに

司法書士や行政書士の方が代行してくれます。
戸籍謄本の取得や、指定書式の書類を作ってくれます。

時間を掛けていられない人は、「時は金なり」で、専門家に頼むのも効率的です。

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

【思ったよりカンタン】相続放棄には、どんな書類がいるの?へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。