更新日2017/06/30 この記事は約 3 分で読めます。

【知ってる?】相続税のイロハ。いまさら聞けない「基礎控除」って何??

どうだった?

相続って、前もって勉強している人って、案外いないです。
必要に駆られて、本を読んでみたり、ネットで情報を探してみたり、専門家に相談してみたり・・。

いずれにせよ、基礎の基礎は知っておきたいですよね。
話をするにも、本を読むにも「漢字だらけで意味がわからない!お手上げ!」なんてことは往々にしてあることです。

まず、基礎の基礎、控除のことを一緒に見て生きましょう?

そもそも控除って何??

「控えて、除く」それが控除です。
でもいったい、何を「控えて除く」のでしょう?か

相続したもの(現金・不動産等)のここまでは税金がかかりませんよ=非課税ですよというラインが「基礎控除」で区切られています。
なんで、課税・非課税のラインが引かれているのでしょうか?

相続は、いわばもらったもの。
ですので、これだけお金を持っているんだから、それだけ相続財産があるんだから、お金あるんだから、税金払ってよ、という考えに基づいてます。

ですので、日本人の95%は相続税とは無縁でした、2015年の相続税法改正までは・・・。

知っとかないとマズイ!相続税の基礎控除の基本!

2015年からの相続税の控除は、こうなっています。

人数に関係なく、控除される額 3000万円

相続人の数に拠るもの 600万円@人

例を挙げます。
相続人は奥さんと子供2人です。

ですので、

【例1】
奥さんと子供二人
3000万円+1800万(3人分)=4800万円

ということは、子供が多ければ多いほど非課税枠が増えるということですね。
ちなみに、基礎控除を計算するときに、実際にその人が受け取ろうが受け取るまいが、計算は変わりません。
例えば、子供は子供二人が何にも貰わなくても、奥さんには4800万円の控除枠があるわけです。

控除枠内であれば、相続税は一銭もかかりません。
越した金額に対して、何パーセントかけられるわけです。
例えば、10万円ほど基礎控除をオーバーしてしまった・・その場合の税率は10%
つまり、1万円ということです。

ちょっと安心できましたか?

ちなみに2015年以前(増税前)は・・。

嗚呼
増税したとなれば、その前がどれほどお得だったかを知りたくなるのが人情というもの。
増税前は、どれほどお得だったんでしょうか?

基礎控除5000万円
一人当たり1000万円

だったんです。

先ほどの【例1】でいえば。。

【例1】(増税前)
5000万円+3000万円(3人分)=8000万円

基礎控除が、半分近くに下がってしまったわけです

半分
そのため、10%の人が納税しなくてはならなくなったのです。
この数字には地域格差があり、東京23区では、家を持っていればそれなりの価格です。
なんと、23区では25%の人が課税対象になるといわれています。
25%といえば、4人に一人・・・大変な数字ですね。
いままでは、預貯金等も含めてかからなかったのが、23区内で家を持っているがために課税されるということになっています。

その対策として、生前贈与をしておくなどの方法があります。
先手必勝、専門家に相談するのが手っ取り早いです!

相続税の無料相談実地中

もし、あなたが相続税にお悩みなら

・相続税がいくらかかるか知りたい
・信用できる相談する相手がいない
・誰にも知られない様に相続税をなんとかしたい
・税金をもっと何とかしたい
・遺言を頼みたい
・口座が凍結されたかも知れない
・遺産相続で揉めるかも知れない
・相続で裁判になりそうだ

とお悩みなら、ぜひ無料相談にお申し込み下さい。
必ず解決出来る信頼の専門スタッフを紹介します。
ご安心下さい。

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税の無料メールセミナー相続税ガイド

相続税、遺言、相続税トラブルなどがお悩みがありませんか?

期間限定で相続税の無料メールセミナー・相続税ガイドブックを無料でプレゼント致します。

さらに、あなたが相続税対策をする上で

・賢い相続の仕方
・節税対策リスト
・争わない相続方法

など、あなたが実践できる相続税対策の方法をご紹介。
今すぐあなたも活用して下さい。

【知ってる?】相続税のイロハ。いまさら聞けない「基礎控除」って何??へコメントをする

※メールアドレスは公開されません。